2017年08月30日

夏の風物詩

こんにちは!
訪問部 看護師 本澤です。

先日、P-BASE夏祭りで『流しそうめん』をした時に思った事を綴りたいと思います。

夏の風物詩

なぜそうめんを流すのか。

…特に深い意味はないらしいです。
あえて言うなら『楽しいから』『風流だから』

確かに普通に食べるのと味が変わるわけではないけれど、楽しくなって、食べ続けてしまいます(私は)。

夏の風物詩

いつもと場所を変えてみる、やり方を変えてみる、一緒にやってみる…
ちょっと工夫するだけで、普段やっている事も、つまらないと思っていた事も、違って感じるかもしれません。

そんな『楽しい』をつくるお手伝いができたらいいなと思います!



  • LINEで送る

同じカテゴリー(訪問看護ステーション)の記事画像
ある日の訪問
道を究める!
在宅生活を応援します
驚きの出会い
夏に向けて
難病講演会
同じカテゴリー(訪問看護ステーション)の記事
 ある日の訪問 (2019-07-16 19:01)
 道を究める! (2019-07-15 14:28)
 在宅生活を応援します (2019-07-12 15:13)
 驚きの出会い (2019-07-04 15:28)
 夏に向けて (2019-07-03 15:34)
 難病講演会 (2019-07-01 15:59)

Posted by P-BASE  at 11:55 │訪問看護ステーション