2017年05月31日

筋萎縮性側索硬化症

こんにちは。
訪問看護 振り向けばそこに山があった理学療法士の辰己です。

皆さん、筋萎縮性側索硬化症という病気をご存知でしょうか?
一般的にALS(amyotrophic lateral sclerosis)と呼ばれています。
徐々に全身の筋肉の萎縮が進行する原因不明の難病です。
有病率は10万人に2〜7人で根治療法は確率されていません。
平均生存期間は発症後3〜5年と言われております。

ご利用者様でALSの方がおられます。
構音障害、全身の筋萎縮、呼吸筋の障害があり人工呼吸器をつけており、ベッド上の生活で移動は車椅子です。

この方が先月、奥様とヘルパーさん2人で1泊2日で京都旅行に行かれました。
来月は紫陽花を観賞されるそうです。

週1回の訪問でご利用者様と奥様に勇気とパワーを頂いております。

  
  • LINEで送る


Posted by P-BASE  at 11:00訪問看護ステーション